FC2ブログ

プロフィール

ブログお引っ越ししました。移転先はけやき調剤薬局・じけ調剤薬局・さつき調剤薬局です。 http://ameblo.jp/my2ph

メディカルワイツー

  • Author:メディカルワイツー
  • けやき調剤薬局
    【住所】
     三重県鈴鹿市東旭が丘
     1丁目6-19
    【電話番号】
     059-380-6770
    【FAX番号】
     059-380-6771
    【休局日】
     日曜日
     祝祭日
     土曜午後
    【開局時間】
     月曜日~金曜日 
      9:00~19:00
     土曜日
      9:00~13:00
    【時間外、休日の対応】
     させていただいております。
     お気軽にご相談ください。
    【アクセス】
     野町東バス停より北に徒歩5分


    じけ調剤薬局
    【住所】
     三重県鈴鹿市寺家4丁目18-16
    【電話番号】
     059-368-3600
    【FAX番号】
     059-368-3601
    【休局日】
     日曜日
     祝祭日 
     木曜および土曜午後
    【開局時間】
     月火水金 
      9:00~18:30
     木 土  
      9:00~13:00
    【時間外、休日の対応】
     させていただいております。
     お気軽にご相談ください。
    【アクセス】
     近鉄『鼓ヶ浦駅』より東へ徒歩3分
     地図はこちら 


    さつき調剤薬局
    【住所】
     三重県鈴鹿市東旭が丘
     2丁目17-10
    【電話番号】
     059-389-5990
    【FAX番号】
     059-389-5991
    【休局日】
     日曜日
     祝祭日
    【開局時間】
     月水木金 
      9:00~18:30
     火土
      9:00~17:00
     13時~15時(火土は13時以降)在宅訪問のため、不在となることがあります。その際は時間外連絡先にお電話ください。
    【時間外、休日の対応】
     させていただいております。
     お気軽にご相談ください。
    【アクセス】
     中旭が丘1丁目バス停より北に徒歩5分

    コメント、トラックバックは対応ができないため、閉じさせていただいております。
    過去記事にコメントいただいた場合も対応ができませんので、ご意見、ご感想等はkeyaki_a_ph☆yahoo.co.jp(☆を@に変えてくださいね)までお願いします

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事


QRコード

QRコード

Anniversary


月別アーカイブ


30代も半ばになり体型維持のためジョギングをはじめました。「忙しい日常ではなかなか感じることのできない爽快感を味わえる」「何も考えずに無心になれ一時でも頭の中を空っぽにできる」「少しずつタイムも早くなり達成感を味わえる」「風の音や気温、葉っぱのこすれる音など普段全く気付くことのない自然を感じる事ができる」など、体を動かすことで色々な発見が多くありました。筋力UPもでき、大人になってからはあまり感じる事の少なくなった感覚を味わう事ができ一石二鳥です。お金のかからないどこでもできる趣味として、ジョギングはお勧めです。持病のある方は主治医に相談しつつ、ウォーキング等もいいですね。 (K.F.)                                            
**逆流性食道炎**
逆流性食道炎は、強い酸性の胃液や、胃で消化される途中の食物が食道に逆流して、そこにとどまるために、食道が炎症を起こし、胸やけや胸の痛みなどさまざまな症状が生じる病気です。逆流性食道炎は、もともと日本人には少ない病気でしたが、食生活の変化などによって、最近、患者さんが増えています。
自覚症状はありませんか?
胸やけ・呑酸(どんさん)
胃液や胃の内容物が食道に逆流すると、胸のあたりに焼けるような不快な感じがする胸やけが起こります。また、酸っぱい液体が口まで上がってきてゲップがでる「呑酸(どんさん)」という症状が現れることもよくあります。ひどい時は吐いてしまうこともあります。
胸の痛み
胸がしめつけられるような、狭心症に似た痛みを感じることがあります。
咳・ぜんそく
咳や喘息が起こることがあります。逆流した胃液が、のどや気管支を刺激したり、食道の粘膜を通して神経を刺激したりして起こると考えられています。逆流性食道炎の治療を行うと、喘息の症状が改善する患者さんもいます。
のどの違和感・声がれ
逆流した胃液で、のどに炎症が起こり、違和感や痛みを感じることがあります。ひどくなると食べ物が飲み込みづらくなったり、声がかれたりすることもあります。
治療法
生活習慣の改善
逆流性食道炎の治療でまず大切なのは、食事、姿勢、服装など、逆流性食道炎を起こす生活習慣を変えていくことです。詳しくは来月号でご紹介します。
薬物療法
生活習慣の改善だけでは、症状を完全になくすのは難しいため、多くの患者さんは生活習慣の改善とあわせて薬による治療を行います。薬による治療を始めると、多くの方では、すみやかに症状はなくなります。ただ、症状がなくなっても、食道の炎症、びらん、潰瘍はすぐに治るわけではありませんので、しばらくは薬を飲み続ける必要があります。また、現在使われている薬では、胃から食道への逆流を根本から治すことはできないため、治癒した後に服薬をやめると再発する方が少なくありません。そうした方では、薬を長い間飲み続ける治療(維持療法)も行われます。
10月の連休にある学会に、出席することにしました。
小さい子がいるので迷っていましたが、託児があるとのことで、びっくり。
子どもの行事が重なる可能性もありますが、万が一重なったとしてもどちらか一日は出席できそうです。

他にも薬剤師が参加予定ですが、そのうちの一人もママさん薬剤師です。
当社としても、せっかくの東海地方での開催ということもあり、出席するスタッフを全面的に援助することになっています。

まだ先の話ですが、またブログで参加報告をしたいと思います。
高度管理医療機器の研修会に出席してきました。
毎年一度の講習が義務付けられており、けやき調剤薬局の管理薬剤師としての出席です。
毎年同じ話なので、聴く方もあれですが、主催者側も悩まれているのではないかと。

しかし、めったにでない高度管理医療機器の講習ですら年に一度あるのに、管理薬剤師の講習や勉強会が義務付けられていないのは、なんとなく腑に落ちないような。
今月のグレードアップセミナーは、最初に慈恵医大の糖尿病の専門医の先生から堀先生が教えていただいたというDPP-4阻害剤とその他の糖尿病治療薬の使い分けの説明から始まりました。

薬理作用から考えていくと至極当然のことでも、DPP-4阻害剤は低血糖を起こしにくい、というメーカーの売りの部分だけがクローズアップされ、どういうタイプの人に効果が高いのか、という部分を見落としていたことに気づき、反省いたしました。

また、少し前に週刊誌で話題になった『血圧は下げ過ぎてはいけないうんぬん』の話にも触れられました。もちろんそれがすべて正しいわけではなく、現に高血圧の方からこの記事について質問があった場合に、エビデンスに基づいて説明し、納得していただき、アドヒアランスを向上させる、薬剤師としての腕が必要だと痛感しました。

そしてメインテーマは間質性肺炎と、非ステロイド性抗炎症薬によるぜんそく発作でした。

最後に添付文書から読み取れる情報と、その情報を生かしてどのように判断し、患者さんにフィードバックするかという薬物動態学に関連したことを教えていただきました。
そこは薬学専攻科時代に現場でも大学でもかなりしごかれた部分ですので、よい復習になりました。

滋賀~京都で大雨のため、新幹線が遅れ、ちょっと大変な日でしたが、それでも遠路出席してよかったです。無事に帰ってこられましたし(笑)
来月は子どもの運動会と重なり、出席が微妙ですが、夕方からなので何とか大阪までたどり着きたいと思います。
暑い8月、熱中症予防のために外出は控えるようにと言われていますが、日々の買い物や病院への通院等、やむを得ないことも多いものです。涼しい屋内と猛暑の屋外、車内の移動は、特に病気の方や高齢の方、小さなお子さんには負担も大きくなります。また、病気やお薬によっては汗が出にくくなったり、水分摂取に限界があることもあり、熱中症予防にも工夫が必要です。個々の患者様に応じて説明させていただいていますが、ご心配なことはお気軽にご質問くださいね。今年は ロンドンオリンピック、気持ちの上でも 熱い夏です。楽しみを作り 良い思い出をたくさん作って 暑い夏を 乗り切りましょう。 (Y.Y.)                                            
**紫外線にご注意を**
 世界保健機関(WHO)では、「Global Solar UV Index-A Practical Guide」として紫外線に関するガイドブックを出しています。その中にまとめられている「紫外線のうそ・ほんと」を御紹介しましょう。
紫外線のウソ・ホント
曇った日には日焼けをしない・・・・・誤
薄い雲の場合、紫外線の80%が雲を通過します。
水辺では日焼けをしない・・・・・誤
水の反射は、紫外線のばく露を増やします。また、水で防御できる紫外線はわずかです。
日焼け止めを塗っていれば、長い時間、日光に当っていても大丈夫・・・・・誤
日焼け止めは紫外線にあたるのを避けられないときに、防止効果を高めるものですが、太陽に長時間当たるために使用するのは間違いです。
日光浴の途中で休憩を取ると、日焼けを起こさない・・・・・誤
紫外線ばく露は一日を通して蓄積されていきます。
太陽の光に暑さを感じないときは、日焼けを起こさない・・・・・誤
日焼けは私たちが感じることのできない紫外線によるものです。暑さを感じるのは赤外線によるもので、紫外線ではありません。
日焼けの種類
サンバーン(sunburn)とサンタン(suntan)は、日本語ではどちらも“日焼け” と呼ばれていますが、サンバーンは紫外線にばく露した数時間後から現れる赤い日焼け(紅斑)で、サンタンは赤い日焼けが消失した数日後に現れ、数週間から数ヵ月続く黒い日焼けです。
紫外線と薬
気軽に使える貼付剤(パップ剤、テープ剤、いわゆるシップ)の中には、紫外線と反応して光線過敏症という皮膚炎を起こす可能性のあるものがあります。貼っている間だけでなく、はがした後も1カ月近くは注意が必要です。シップだからといって、気軽に他人に譲渡するのは控えましょう。

««BACK  | BLOG TOP |  NEXT»»