FC2ブログ

プロフィール

ブログお引っ越ししました。移転先はけやき調剤薬局・じけ調剤薬局・さつき調剤薬局です。 http://ameblo.jp/my2ph

メディカルワイツー

  • Author:メディカルワイツー
  • けやき調剤薬局
    【住所】
     三重県鈴鹿市東旭が丘
     1丁目6-19
    【電話番号】
     059-380-6770
    【FAX番号】
     059-380-6771
    【休局日】
     日曜日
     祝祭日
     土曜午後
    【開局時間】
     月曜日~金曜日 
      9:00~19:00
     土曜日
      9:00~13:00
    【時間外、休日の対応】
     させていただいております。
     お気軽にご相談ください。
    【アクセス】
     野町東バス停より北に徒歩5分


    じけ調剤薬局
    【住所】
     三重県鈴鹿市寺家4丁目18-16
    【電話番号】
     059-368-3600
    【FAX番号】
     059-368-3601
    【休局日】
     日曜日
     祝祭日 
     木曜および土曜午後
    【開局時間】
     月火水金 
      9:00~18:30
     木 土  
      9:00~13:00
    【時間外、休日の対応】
     させていただいております。
     お気軽にご相談ください。
    【アクセス】
     近鉄『鼓ヶ浦駅』より東へ徒歩3分
     地図はこちら 


    さつき調剤薬局
    【住所】
     三重県鈴鹿市東旭が丘
     2丁目17-10
    【電話番号】
     059-389-5990
    【FAX番号】
     059-389-5991
    【休局日】
     日曜日
     祝祭日
    【開局時間】
     月水木金 
      9:00~18:30
     火土
      9:00~17:00
     13時~15時(火土は13時以降)在宅訪問のため、不在となることがあります。その際は時間外連絡先にお電話ください。
    【時間外、休日の対応】
     させていただいております。
     お気軽にご相談ください。
    【アクセス】
     中旭が丘1丁目バス停より北に徒歩5分

    コメント、トラックバックは対応ができないため、閉じさせていただいております。
    過去記事にコメントいただいた場合も対応ができませんので、ご意見、ご感想等はkeyaki_a_ph☆yahoo.co.jp(☆を@に変えてくださいね)までお願いします

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事


QRコード

QRコード

Anniversary


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は名城大学薬学部で、愛知県薬剤師会学術発表会・特別シンポジウムがありました。

愛知県薬剤師会が主催しているものですが、シンポジストの先生の関係の方からお誘いを受け、開催を知り、ぜひぜひ、と参加しました。
というのも、シンポジストの中に、敬愛する堀美智子先生のお名前があったからです。
堀先生は薬剤師であればだれでも知っている著名な先生で各方面でご活躍されていますが、実は社長と私にとっては名城大学薬学専攻科の大先輩でもあります。

堀先生のお話を聞くと、今の自分の未熟さがよくわかり、あらためて勉強の必要性と、薬剤師としてどうあるべきか、なにをすべきかという原点に立ち返ることができます。

今日のシンポジウムのテーマは、『6年制薬学部新時代にむけて』というものでした。

堀先生の講演目当てで参加したのですが、ほかの先生方の発表も大変興味深く、勉強になりました。

堀先生は、薬剤師は化学の専門家である、ということをベースに、お薬とともに提供すべき情報についてお話されました。
情報過多の現代、医師でも薬剤師でも一般の患者様でも、手にすることのできる情報量はさほど変わりません。
何が違うかとういうと、情報を収集分析し、個々の患者さんに必要な情報を判断する能力です。
その例として、頭痛の患者様に対するアプローチ、トリアージなど紹介してくださいました。
そのお話の端々に、もっとしっかりしなさい薬剤師!というメッセージを強く感じました。
CYPのサブタイプについてのお話は、すぐに現場で使える化学の知識だと言うことを改めて感じました。
最後の方でおっしゃられた
『医療費削減はジェネリックの活用ではない、サプリメントやOTCを活用していくことです』
という言葉に、いろいろ考えさせられました。

大阪府の西淀川地区薬剤師会の和久先生のお話は、とても力強く、新しいことにチャレンジされていく積極的な姿勢に、こちらもやる気をいただけました。
薬剤師会のあり方や存在意義など、末端薬剤師の一人である私は考えたこともありませんでした。
でも、薬剤師会が患者様の方向を向き、開局薬局、開局薬剤師が何をすべきかと言うお話は、日常業務でも真似できそうなことが多くあり、参考になりました。

名古屋市のはるか薬局の先生のお話は、以前に社長から話を聞いていた薬局でのHbA1c測定についてでした。
具体的なお話、症例などをお聞きすることで、いずれ当社でもトライしてみたい、と思える内容でした。
次にお話をされた滋賀県の横井先生の『0次診療』につながることだと思います。

横井先生は、もっと薬局ができることをアピールすべきだと言うお話をされました。
医薬分業になり、デメリットをあげる人は多いけれど、実は医薬分業率の高い都道府県ほど、処方一日当たりの薬剤費は低くなっていて、医薬分業による薬剤費削減効果は30%ほどあるそうです。
また、医薬分業のもう一つのメリット『疑義照会』に関して、日本薬剤師会は疑義照会率は3%で、そのうちの70%が処方変更されていると発表しています。これは年間150万枚以上の処方変更と言うとてつもなくおおきな実績があると言うことです。
調剤費に占める技術料比率が25%という低コストであることを踏まえると、医薬分業は社会保障制度の中でも十分な存在価値を示しているとおっしゃっていて、目からうろこでした。
そして薬局機能はさまざまである、ということ。
『街角の保健室』という立場で、処方箋を持っていない方でも健康管理や健康相談目的で立ち寄っていただける場所、というお話に、当社の理念である『まちの健康ステーション』と重なるなと思いながら、耳を傾けておりました。

どの先生方も、患者様の方向を見て、前向きで、積極的で、具体的で行動的でした。
今は薬剤師不足で引く手あまたな環境ではありますが、4月から社会に出てくる6年制卒業の薬剤師に置いて行かれないよう、小さい小さい会社の中で井の中の蛙になってはいけない、と改めて痛感し、これからも積極的に勉強を続けていきたいと思いました。
スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。