FC2ブログ

プロフィール

ブログお引っ越ししました。移転先はけやき調剤薬局・じけ調剤薬局・さつき調剤薬局です。 http://ameblo.jp/my2ph

メディカルワイツー

  • Author:メディカルワイツー
  • けやき調剤薬局
    【住所】
     三重県鈴鹿市東旭が丘
     1丁目6-19
    【電話番号】
     059-380-6770
    【FAX番号】
     059-380-6771
    【休局日】
     日曜日
     祝祭日
     土曜午後
    【開局時間】
     月曜日~金曜日 
      9:00~19:00
     土曜日
      9:00~13:00
    【時間外、休日の対応】
     させていただいております。
     お気軽にご相談ください。
    【アクセス】
     野町東バス停より北に徒歩5分


    じけ調剤薬局
    【住所】
     三重県鈴鹿市寺家4丁目18-16
    【電話番号】
     059-368-3600
    【FAX番号】
     059-368-3601
    【休局日】
     日曜日
     祝祭日 
     木曜および土曜午後
    【開局時間】
     月火水金 
      9:00~18:30
     木 土  
      9:00~13:00
    【時間外、休日の対応】
     させていただいております。
     お気軽にご相談ください。
    【アクセス】
     近鉄『鼓ヶ浦駅』より東へ徒歩3分
     地図はこちら 


    さつき調剤薬局
    【住所】
     三重県鈴鹿市東旭が丘
     2丁目17-10
    【電話番号】
     059-389-5990
    【FAX番号】
     059-389-5991
    【休局日】
     日曜日
     祝祭日
    【開局時間】
     月水木金 
      9:00~18:30
     火土
      9:00~17:00
     13時~15時(火土は13時以降)在宅訪問のため、不在となることがあります。その際は時間外連絡先にお電話ください。
    【時間外、休日の対応】
     させていただいております。
     お気軽にご相談ください。
    【アクセス】
     中旭が丘1丁目バス停より北に徒歩5分

    コメント、トラックバックは対応ができないため、閉じさせていただいております。
    過去記事にコメントいただいた場合も対応ができませんので、ご意見、ご感想等はkeyaki_a_ph☆yahoo.co.jp(☆を@に変えてくださいね)までお願いします

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事


QRコード

QRコード

Anniversary


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回の震災で、あらためて薬剤師の役割を考えさせられました。

現場にいった医師や薬剤師、看護師の報告レポートを何十通も読みましたが、物資が足りない事、薬が足りない事など、物理的に困っていることのほかに、患者さん自身、飲んでいる薬が何か分かっていない事で、医師の負担が大きくなっているのでは、と感じました。

私は薬剤師ですが、情けないことに今現地へ赴くことはできません。
そういう町の薬剤師ができること、しなければいけないことは、今自分がかかわっている患者様に【薬識】を持っていただくこと、だと強く思います。

1.この薬の名前は?
2.この薬は何に効くの?
3.この薬を飲む時、注意することは?
4.この薬の副作用は?
5.飲み合わせは?

ゲットジアンサーズ運動の項目です。
1981年にアメリカで始まったこの運動は、「薬の不適切な使用の原因の一つは、医療関係者と患者のコミュニケーション不足にあることから、薬のことについてもっと患者は知るべきである。そのために医療関係者にもっと薬についてもっと答えてもらいましょう」というものです。

日本でも1996年から患者に自分の薬のことについて質問してもらい、薬剤師がそれについて説明していこうと日本薬剤師会が中心になってこの運動を行っていましたが、果たして今、どれくらい浸透しているでしょうか。
医薬分業がここまで定着しても、その意義や意図、ゲットジアンサーズ運動の言葉が浸透しているとはまだまだ思えません。

自分の飲んでいる薬を知ることは、不要な薬の処方を減らすだけでなく、今回のような大災害時に適切な薬の処方を受けるために、必要なことです。

だから、患者様の日常に一番近いところにいる町の薬剤師が、もっと奮起しなければいけないと思うのです。

せめて、慢性疾患を持っている患者様の薬識を把握して、それを日々増やしていけるように。
万が一の時に、患者様やご家族が常備薬の名前を言えるように。
個々の患者様に一番ベストな方法で、お伝えし、確認し、覚えていただく努力をすべきではないでしょうか。

最後になりましたが、看護師として陸前高田に赴いた方のブログをご紹介します。
テレビでは放映できない現実が書かれています。
読む勇気のある方のみ、ごらんくださいませ。
JKTS
http://blog.goo.ne.jp/flower-wing
スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。