FC2ブログ

プロフィール

ブログお引っ越ししました。移転先はけやき調剤薬局・じけ調剤薬局・さつき調剤薬局です。 http://ameblo.jp/my2ph

メディカルワイツー

  • Author:メディカルワイツー
  • けやき調剤薬局
    【住所】
     三重県鈴鹿市東旭が丘
     1丁目6-19
    【電話番号】
     059-380-6770
    【FAX番号】
     059-380-6771
    【休局日】
     日曜日
     祝祭日
     土曜午後
    【開局時間】
     月曜日~金曜日 
      9:00~19:00
     土曜日
      9:00~13:00
    【時間外、休日の対応】
     させていただいております。
     お気軽にご相談ください。
    【アクセス】
     野町東バス停より北に徒歩5分


    じけ調剤薬局
    【住所】
     三重県鈴鹿市寺家4丁目18-16
    【電話番号】
     059-368-3600
    【FAX番号】
     059-368-3601
    【休局日】
     日曜日
     祝祭日 
     木曜および土曜午後
    【開局時間】
     月火水金 
      9:00~18:30
     木 土  
      9:00~13:00
    【時間外、休日の対応】
     させていただいております。
     お気軽にご相談ください。
    【アクセス】
     近鉄『鼓ヶ浦駅』より東へ徒歩3分
     地図はこちら 


    さつき調剤薬局
    【住所】
     三重県鈴鹿市東旭が丘
     2丁目17-10
    【電話番号】
     059-389-5990
    【FAX番号】
     059-389-5991
    【休局日】
     日曜日
     祝祭日
    【開局時間】
     月水木金 
      9:00~18:30
     火土
      9:00~17:00
     13時~15時(火土は13時以降)在宅訪問のため、不在となることがあります。その際は時間外連絡先にお電話ください。
    【時間外、休日の対応】
     させていただいております。
     お気軽にご相談ください。
    【アクセス】
     中旭が丘1丁目バス停より北に徒歩5分

    コメント、トラックバックは対応ができないため、閉じさせていただいております。
    過去記事にコメントいただいた場合も対応ができませんので、ご意見、ご感想等はkeyaki_a_ph☆yahoo.co.jp(☆を@に変えてくださいね)までお願いします

カレンダー

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事


QRコード

QRコード

Anniversary


月別アーカイブ


東日本大震災に伴う福島原発放射性物質漏えいで15日、首都圏でも通常より高い放射線量を観測しました。都内の薬局でヨウ素入り消毒薬やうがい薬を買い求める客が急増、専門家は「飲まないで」と呼び掛けています。

被ばくによる健康被害を抑える「安定ヨウ素剤」服用には医師の処方が必要ですが、ヨウ素はうがい薬などにも含まれるため、代替品と誤解されやすいようです。

 放射線医学総合研究所は「内服すると有害成分が多い。飲むのは絶対にやめて」と呼び掛けています
本日はスタッフ勉強会でした。
症例検討会の予定が、急きょ担当者が欠席となったため、保健薬局および保険薬剤師として何をすべきか、改めて見直しと確認、服薬指導の方法や簡単なカウンセリングテクニックについての勉強をしました。

その後は日ごろの業務で生じた疑問などについて話し合い、有意義な2時間半となりました。

今後も、薬剤師、医療事務の職種を問わず、スタッフが皆でレベルアップして、患者様によりよい医療を提供できるよう、研鑽していきたいと思います。

薬局という狭い世界の中で、井の中の蛙になることが一番怖いことだと思いますが、そうならないためには、日々勉強が必要ですね。
糖尿病に使うインスリンですが、もともとは、体内で作られるものです。
インスリンは膵臓から分泌され、毛細血管から筋肉に届くのですが、毛細血管から筋肉に届く仕組みは明らかになっていませんでした。

それがこのたび、東大のチームがマウスで解析したところ、IRS2が関与していることが分かりました。

IRS2を毛細血管に持たないマウスは、筋肉に届くインスリンの量が半分程度になっていたそうです。
また、高脂肪の食事を与え肥満状態にしたマウスは、IRS2が通常の2割程度しかなく、やはり、インスリンが筋肉に届きにくくなっていたとのこと。

このようなことが解明されたことで、毛細血管のIRS2を増やせば、Ⅱ型糖尿病の根本的な治療につながると期待されているそうです。

 | BLOG TOP |