FC2ブログ

プロフィール

ブログお引っ越ししました。移転先はけやき調剤薬局・じけ調剤薬局・さつき調剤薬局です。 http://ameblo.jp/my2ph

メディカルワイツー

  • Author:メディカルワイツー
  • けやき調剤薬局
    【住所】
     三重県鈴鹿市東旭が丘
     1丁目6-19
    【電話番号】
     059-380-6770
    【FAX番号】
     059-380-6771
    【休局日】
     日曜日
     祝祭日
     土曜午後
    【開局時間】
     月曜日~金曜日 
      9:00~19:00
     土曜日
      9:00~13:00
    【時間外、休日の対応】
     させていただいております。
     お気軽にご相談ください。
    【アクセス】
     野町東バス停より北に徒歩5分


    じけ調剤薬局
    【住所】
     三重県鈴鹿市寺家4丁目18-16
    【電話番号】
     059-368-3600
    【FAX番号】
     059-368-3601
    【休局日】
     日曜日
     祝祭日 
     木曜および土曜午後
    【開局時間】
     月火水金 
      9:00~18:30
     木 土  
      9:00~13:00
    【時間外、休日の対応】
     させていただいております。
     お気軽にご相談ください。
    【アクセス】
     近鉄『鼓ヶ浦駅』より東へ徒歩3分
     地図はこちら 


    さつき調剤薬局
    【住所】
     三重県鈴鹿市東旭が丘
     2丁目17-10
    【電話番号】
     059-389-5990
    【FAX番号】
     059-389-5991
    【休局日】
     日曜日
     祝祭日
    【開局時間】
     月水木金 
      9:00~18:30
     火土
      9:00~17:00
     13時~15時(火土は13時以降)在宅訪問のため、不在となることがあります。その際は時間外連絡先にお電話ください。
    【時間外、休日の対応】
     させていただいております。
     お気軽にご相談ください。
    【アクセス】
     中旭が丘1丁目バス停より北に徒歩5分

    コメント、トラックバックは対応ができないため、閉じさせていただいております。
    過去記事にコメントいただいた場合も対応ができませんので、ご意見、ご感想等はkeyaki_a_ph☆yahoo.co.jp(☆を@に変えてくださいね)までお願いします

カレンダー

01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

最近の記事


QRコード

QRコード

Anniversary


月別アーカイブ


食べ物をよくかむことは、消化促進や肥満予防につながることが知られています。
最近は脳の働きとの関係の研究も進み、心身の健康へのプラスの効果など、咀嚼(そしゃく)の重要性がさらに注目されているようですよ。

高齢者にカードを見せて記憶力を確かめるテストでは、普通に行った時と、ガムを噛んで行ったときとでは、ガムを噛んで行った時の方が成績が良かったという報告があります。

また、東北大などが仙台市内の70歳以上の高齢者約1200人を対象に実施した調査では、健康な人は平均14・9本の歯が残っていたのに対し、認知症の疑いのある人は9・4本だったとのこと。脳をMRI(磁気共鳴画像化装置)で調べると、歯が少ない人ほど、記憶に関係する海馬付近の容積が減少していたそうです。

軽症救急患者の急増は医療崩壊につながる大きな問題の一つとされています。
その緩和策は昨年の中央社会保険医療協議会でも議題に上がり、軽症の救急外来患者に対する特別料金徴収の是非が議論されました。
結論は持ち越しとなりましたが、既に一部では特別料金の徴収に踏み切っている医療機関もあります。

とあるアンケートでは、「徴収している」と回答した医師は14.1%、「徴収の方向で検討している」は13.5%という結果が出ています。
「徴収している」と回答した医師からは、「平日夜間の患者が少し減った」と効果を認める声がある一方、「『払ったんだから診ろ』と言われると嫌になる」といったコメントも寄せられたとのこと。

軽症救急患者への特別料金で儲けよう、と思っているのではなく、『お金がかかる』と患者様が意識することで、救急受診するかどうか患者様が考える、というステップが一つ増えるため、徴収している医師がほとんどだと思います。

私も幼児の母ですので、咄嗟の時には冷静な判断ができない状態はとてもよくわかります。
でも、医療制度が崩壊して一番困るのは患者さん。
医師のモチベーションが下がったり、体調が悪くなったりして医療の質が低下して困るのも患者さん。
医療はサービス業だとこちら側も十分自覚して、お互い気持ちよく、ベストな状態で医療を提供、享受できればいいなと思います。

昨日は休日でしたが、処方箋をお持ちくださった患者様がいらっしゃいました。
ご自分が高熱で体調が悪いにもかかわらず、休日なのにすみません、とこちらに気を遣っていただき、気持ちよく仕事をさせていただきました。
患者様に日々のモチベーションをあげてもらっていると、改めて感じた出来事でした。

 | BLOG TOP |