FC2ブログ

プロフィール

ブログお引っ越ししました。移転先はけやき調剤薬局・じけ調剤薬局・さつき調剤薬局です。 http://ameblo.jp/my2ph

メディカルワイツー

  • Author:メディカルワイツー
  • けやき調剤薬局
    【住所】
     三重県鈴鹿市東旭が丘
     1丁目6-19
    【電話番号】
     059-380-6770
    【FAX番号】
     059-380-6771
    【休局日】
     日曜日
     祝祭日
     土曜午後
    【開局時間】
     月曜日~金曜日 
      9:00~19:00
     土曜日
      9:00~13:00
    【時間外、休日の対応】
     させていただいております。
     お気軽にご相談ください。
    【アクセス】
     野町東バス停より北に徒歩5分


    じけ調剤薬局
    【住所】
     三重県鈴鹿市寺家4丁目18-16
    【電話番号】
     059-368-3600
    【FAX番号】
     059-368-3601
    【休局日】
     日曜日
     祝祭日 
     木曜および土曜午後
    【開局時間】
     月火水金 
      9:00~18:30
     木 土  
      9:00~13:00
    【時間外、休日の対応】
     させていただいております。
     お気軽にご相談ください。
    【アクセス】
     近鉄『鼓ヶ浦駅』より東へ徒歩3分
     地図はこちら 


    さつき調剤薬局
    【住所】
     三重県鈴鹿市東旭が丘
     2丁目17-10
    【電話番号】
     059-389-5990
    【FAX番号】
     059-389-5991
    【休局日】
     日曜日
     祝祭日
    【開局時間】
     月水木金 
      9:00~18:30
     火土
      9:00~17:00
     13時~15時(火土は13時以降)在宅訪問のため、不在となることがあります。その際は時間外連絡先にお電話ください。
    【時間外、休日の対応】
     させていただいております。
     お気軽にご相談ください。
    【アクセス】
     中旭が丘1丁目バス停より北に徒歩5分

    コメント、トラックバックは対応ができないため、閉じさせていただいております。
    過去記事にコメントいただいた場合も対応ができませんので、ご意見、ご感想等はkeyaki_a_ph☆yahoo.co.jp(☆を@に変えてくださいね)までお願いします

カレンダー

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事


QRコード

QRコード

Anniversary


月別アーカイブ


昨今の病院勤務医の疲弊状況を解決するためには、医療を受ける患者側にも「適切な受診を行うなどの協力」が必要であるとし、保険者に対して、「医療機関の適正受診を図るための周知啓発」を加入者に行うよう、厚生労働省が求めています。

資料には、
(1)救急医療機関は緊急性の高い患者を受入れるためのものであり、平日、受診できないか考えてみましょう
(2)同じ病気で複数の医療機関を受診することは控えましょう
(3)後発品は先発品と同等の効能効果を持つ医薬品であり、費用が安くすみます
-など周知啓発例が挙げられています。
内閣府が27日発表した国民の「幸福度」について初の意識調査で、「自分は幸せ」と感じている人の割合は、30代の61%をピークに年齢とともに低下し、70歳以上では44%にとどまりました。
男女別では、女性が男性を11ポイント上回りました。
年金や医療体制への不安が色濃く反映される一方、雇用や子育てへの懸念も強いことが示されています。
日米中など先進、新興22カ国を対象にした医療制度に関する満足度調査で、手ごろで良質な医療を受けられると答えた日本人は15%にとどまり、22カ国中最低レベルであると、16日にロイター通信が報じました。

ロイターは、日本は国民皆保険制度があり、長寿社会を誇っているとしつつも「高齢者の医療保険の財源確保で苦労している」と指摘しています。

自国の医療制度に満足している人の割合が高いのはスウェーデン(75%)とカナダ(約70%)で、英国では55%が「満足」と回答。韓国、ロシアなどの満足の割合は30%以下だったとのことです。

医療にかかわる立場としては複雑です・・・。
三重県民としては嬉しいニュースです。

血管内で血液が固まるのを防ぐ治療薬を開発し、臨床現場で多くの患者の命を救ったとして、三重大副学長の鈴木宏治教授(血栓止血分子病態学)が文部科学大臣表彰・科学技術賞(研究部門)を受賞されました。

開発したのは、国内で毎年約1万5000人が発症するとされる、播種(はしゅ)性血管内凝固症候群(DIC)の治療薬「リコモジュリン」。DICは血栓症の一種で、感染症や白血病、がんなどの進行に伴って血管内に小さなかたまりが多くでき、発症すれば死亡率も高いものです。
治療薬は厚生労働省の承認を受けた2008年5月から今月までに、国内の病院で約3000人の患者に投与されました。

鈴木教授は2008年に、この研究で、ドイツの製薬会社が設けたベルツ賞を受賞。内田学長は「世界を驚かせる発見を成し遂げた。血栓症は注目度の高い病気。治療薬は今後の医療に貢献する」と評価しています。
ダイエットや老化に効果があると言われるαリポ酸で、自発性低血糖(血糖値を下げる薬を使っているわけではないのに低血糖になるもの)を引き起こしたとの報告がありました。
症状は、手の震えや動悸などです。

αリポ酸の構造式を見るとSH基があります。
特定の白血球の型を持つ人が、このSH基と呼ばれる構造を持つ薬やサプリメントを服用すると、低血糖を発症しやすいといわれています。
この特定の白血球を持つ人は、日本人では100人中8人位。

摂取した量や期間は不明ですが、服用を始めてから一、二か月で震えや動悸などの症状が出て、受診するケースが多いそうですので、注意が必要です。

ちなみにこのαリポ酸、体の中の代謝を助ける補酵素というものの一種で、もともとは医薬品でしたが、6年ほど前の基準改正で、健康食品として売られるようになったモノです。
万年ダイエッターの私には衝撃の記事でした。




寒天の原料のテングサやノリなどの海藻(紅藻類)は人間の消化酵素で分解できないため、ダイエット食品としても使われていますが、日本人の一部は腸内細菌の力を借りて、紅藻類を分解して栄養分にしていることが仏パリ大学の研究で分かりました。北米では、こうした腸内細菌を持っている人は見つからず、食習慣の違いが影響しているらしいです。

日本人では13人中5人がこうした腸内細菌を持っていましたが、北米の18人で持っている人はいなかったそうです。日本人は古くからノリなどをよく食べており、腸内細菌は、ノリなどと一緒に口に入った微生物から紅藻類を分解する遺伝子を取り込んだらしいとのこと。

 東京大学の服部正平教授(情報生命科学)は「腸内細菌は健康や病気に影響を与えている。解析が進めばコンニャクを分解する腸内細菌なども見つかり、食品の機能評価も変わるかもしれない」と話しています。




(+o+)
国産初のインフルエンザ治療薬ラニナミビル(第一三共)が、タミフルが効きにくい季節性インフルエンザの治療に著しい効果を示すことが、けいゆう病院(横浜市)の菅谷憲夫・小児科部長らの研究で分かりました。

原則5日間服用するタミフルと異なり、吸引型治療薬のラニナミビルは1回の使用で効果が持続します。

ラニナミビルは現在承認申請中。
昨日、業務終了後、19時半からスタッフ勉強会を行いました。

メインテーマは、2010年度の診療報酬の改定内容についてです。
勉強会、研修会に参加した薬剤師の中から、さつき調剤薬局の管理薬剤師にスピーカーをお願いしました。
実際に4月に入ってからの状況などを、事務員、薬剤師で話しあったり、今後の対応などを検討しました。

また、2月の勉強会後に提出してもらったレポートをもとに、考察を行い、薬剤師として何をすべきか、服薬指導自体が目的になっていないかなど、基本的なことをもう一度確認しました。

勉強会が終わったのは21時半。
小さい子を持つお母さん薬剤師も数人参加し、ご家族には迷惑をかけたかとは思いますが、まだまだ終わるのは早い方だな、と思いました。

病院で働いていた時、担当病棟の医師が開局薬剤師会から依頼され、勉強会で演者をしました。
そのとき、医師のおともで私もお手伝いに行ったのですが、開始時刻は21時、終了時刻は23時半。
開局薬剤師は、業務自体の終了時刻が、一般的に病院よりも遅いので、そのような時間帯になります。

その時は、会場はぎっしり薬剤師でうまり、質疑応答も活発に行われ、開局薬剤師の向上心の高さに、おいて行かれてはいけない、と反省したものです。
その帰り道、担当医師が
『薬局の薬剤師さんは勉強熱心ですねえ』
といったのが印象的でした。

まだまだ私を含めて勉強不足だなと、昨日の勉強会でも大いに反省し、明日に生かしたいと思いました。
当社では薬剤師、事務員区別なく勉強会をしており、事務員さんの中でも登録販売の資格を取るなど勉強熱心な方も数名いらっしゃるので、ますますおいて行かれないようにしたいと思います。
小さい子を持つ母として、興味を持った記事を紹介します。




幼児期に脳の神経回路が形成される際、神経細胞が外部から刺激を受けて活発に活動することで細胞間の結合がより強化されることを大阪大と東京大のチームが突き止め、5日付の米科学アカデミー紀要電子版に発表しました。

 山本亘彦(やまもと・のぶひこ)大阪大教授(神経生物学)は「先天的な要因だけでなく、視覚や聴覚などの五感から受ける後天的な環境も脳の発達に影響している。"氏と育ち"の両方が重要だ」と話しています。




『氏』だけではない、『育ち』も大切とのことで、遺伝子に頼れないわが子たちも、育て方で明るい未来を夢見たいと思います。

観光庁は2010年度から、中国人富裕層らをターゲットに、検診や治療と観光を組み合わせた「医療観光」をPRする取り組みを本格的に始めるそうですよ。

 観光庁は、日本の高度な医療技術による健康診断や治療、日本の温泉や日本食などと観光を複合的にアピールし、鳩山政権が目指す「訪日外国人旅行客3千万人」の達成につなげたい考えだそうです。

メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の腹囲基準を検証している厚生労働省研究班(主任研究者=門脇孝・東京大教授)は、腹囲が基準値未満でも、血圧、血糖、血中脂質の検査値の異常が重なると、脳卒中や心筋梗塞(こうそく)を発症しやすくなるという解析結果をまとめました。

門脇教授は「腹囲は有効な指標だが、高血圧などのリスクが重なれば、太っていなくても、脳卒中などを発症しやすくなる。従来のメタボの枠組みに加え、やせた人の対策も強化する必要がある」と話しています。
昨年6月の改正薬事法施行に伴い、多くの一般用医薬品(大衆薬)のインターネット販売を原則禁じたのは「営業の自由」を侵害し違憲として、ネット販売業者2社が国に厚生労働省令の無効確認や取り消しなどを求めた行政訴訟の判決で、東京地裁は30日、請求を全面的に退けました。

 医薬品の副作用を防ぐための安全確保と、ネットで購入できる消費者の利便性のどちらを優先させるのかが争点でした。

 岩井伸晃(いわい・のぶあき)裁判長は、健康被害を防ぐ上で規制には合理性があると認定しましたが、将来の制度見直しにも言及しました。

 厚労省によると、大衆薬のネット販売規制をめぐる司法判断は初めて。

 2社は、控訴する方針だそうです。

 岩井裁判長は「規制は医薬品の適正な使用の確保や、副作用による健康被害防止の観点から必要性、合理性が認められ、行政の裁量の範囲内」とし、省令は合憲と判断。

 「対面販売は購入者の様子を直接見聞きして確認できるが、ネット販売では自己申告に頼るほかなく、申告内容の真偽の確認も困難な点で二つの販売方法には相当の差異がある」と指摘しました。

 一方で、将来的に副作用に対する消費者の認識や、情報通信技術などに変化が生じた場合は「新たな状況に応じた規制の見直しが図られるのが改正法の趣旨にも合致する」として、現行規制の継続を永久に認める判断ではない、と付言しました。

 判決によると、改正法は大衆薬をリスクに応じて分類。省令ではビタミン剤などリスクの低い第3類を除き、毛髪薬など第1類と、風邪薬や解熱鎮痛薬、漢方薬、妊娠検査薬など第2類のネットなどでの販売を「危険がある」として禁じ、離島など一部のケース以外は対面販売を原則としました。

ネットは確かに便利ですが、薬局では患者様が入ってきたときから、場合によっては薬局の外に姿が見えた時から、患者様の状態に注意をしています。
いつもより少し足を引きずっているのでは?、ちょっとろれつが回りにくいかな?、顔色が悪いような印象が・・・など、些細なことを察知して、お薬をお渡しする時に、お話をうかがうこともあります。
それがお薬の副作用の可能性もあるし、病気の悪化やほかの病気を併発していることもあるからです。
人とのコミュニケーションがネットを通して、ということが多くなってきた昨今、病気や体のことは特にあまり話したくない事ですし、ネットで薬が買えるのは便利ですが、それと引き換えに背負うリスクが多くなるのも否定できません。
確かにお薬の副作用の情報など、ネットに情報はあふれていますが、その情報がすべてその人に合致するとも限りません。というか、すべて合致する人はほとんどいないでしょう。

すべての薬剤師が、高いレベルで薬学的管理を行い、個々の患者様に必要な情報を提供して、患者様が安心してお薬を受け取っている世の中であれば、ネットで薬を相談もなしに、顔も見ずに買うことに不安を抱くと思うのですが・・・
ネットで安易に薬を買いたい、と思う人が多いということに関しては、薬剤師も反省すべきところが多々あると思います。



併用禁忌の向精神薬を処方する過失で妻を中毒死させたとして、26日、都内の医師に約7400万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こしました。

訴状によると、原告の妻(当時36歳)は04年1月から都内の精神科クリニック(08年閉院)で睡眠障害の治療を受け、中枢神経抑制剤、精神神経用剤などの向精神薬を処方されていました。04年9月には1日分として11種33個、その後も10回にわたり同量の薬を医師から処方され、05年1月に死亡。

 行政解剖で胃や血中から、処方されていた精神神経用剤など複数の向精神薬の成分が検出され、死因は薬物中毒と推定されました。

 この精神神経用剤の医師向け添付文書には、禁忌として「中枢神経抑制剤の強い影響下にある患者には投与しないこと」と記載されています。承認用量の2倍など医師の処方は明らかに大量投与と指摘し、妻は「中枢神経抑制剤の強い影響下」だったと主張しています。

 また添付文書で併用注意とされる多数の向精神薬を、漫然と長期間投与したことも医師の過失と訴えています。

倉敷市立児島市民病院で乳がんの手術を受けた県内の40代の女性が再発防止のための薬を誤投与されたとして、市に約357万円の損害賠償を求める訴えを岡山地裁に起こしました。

訴状によると、女性は同病院で乳がんと診断され、04年12月に乳房の切除手術を受けました。術後、再発・転移を防ぐホルモン療法を受けた際、閉経前なのに閉経後の患者用の薬を約3年8カ月にわたり誤って投与されたということです。女性はがん再発の不安を強く抱くようになり、精神的苦痛を受けたと主張しています。

今回の薬で、特に副作用等はみられず、幸いがんの再発はみられていないそうですが、自分を患者様の立場に置き換えてみると、その不安や怒りはどれほどのものだろうかと思います。
薬剤師としての知識や意識は必要ですが、常に患者様の気持ちになって、自分の家族に薬を渡す気持ちで調剤することが、一番ミスしにくくなると思います。
今回は大きい病院でのこと、詳しい状況が分からないので何とも言えませんが、お薬を渡したスタッフは、患者様の顔を認識していたのでしょうか。

薬局ではEYE TO EYEで患者様とコミュニケーションを図り、患者様の顔を思い浮かべて、患者様の治癒やQOL向上を目的として、調剤、投薬を行うべきだと強く思います。
そのためにも、患者様にも積極的に薬剤師に質問していただいたり、問診票の記載にご協力いただければ、ありがたく思います。
厚生労働省は31日、新型インフルエンザの流行について「現時点では沈静化している」として、第一波が事実上、終息したとの見解を示しました。

 同省が同日開いた専門家会議で、長妻厚生労働相の談話として発表。
会議では今後、ワクチンや水際対策など6項目の政策について検証。再流行などに備え、結果を6月中にまとめるとのことです。

 ワクチンは、スイス・ノバルティス社から輸入した234万回分(30億円)が同日、出荷しないまま使用期限を迎えました。同省は廃棄方針を示しています。

30億とはもったいない、とは思いますが、不足してパニックになっても問題です。
今回のことを、今後に生かしてほしいと思います。

毎年この季節はバタバタしますが・・・

薬局での大きな変化は、ハイリスク薬に関してでしょうか。
薬剤師の職能が試されますね。
患者様の立場、ご家族の立場に立った上での、薬学的管理、アドヒアランス(薬識)の向上による薬物療法の効果の向上のため、さらに勉強が必要だと思います。

 | BLOG TOP |