FC2ブログ

プロフィール

ブログお引っ越ししました。移転先はけやき調剤薬局・じけ調剤薬局・さつき調剤薬局です。 http://ameblo.jp/my2ph

メディカルワイツー

  • Author:メディカルワイツー
  • けやき調剤薬局
    【住所】
     三重県鈴鹿市東旭が丘
     1丁目6-19
    【電話番号】
     059-380-6770
    【FAX番号】
     059-380-6771
    【休局日】
     日曜日
     祝祭日
     土曜午後
    【開局時間】
     月曜日~金曜日 
      9:00~19:00
     土曜日
      9:00~13:00
    【時間外、休日の対応】
     させていただいております。
     お気軽にご相談ください。
    【アクセス】
     野町東バス停より北に徒歩5分


    じけ調剤薬局
    【住所】
     三重県鈴鹿市寺家4丁目18-16
    【電話番号】
     059-368-3600
    【FAX番号】
     059-368-3601
    【休局日】
     日曜日
     祝祭日 
     木曜および土曜午後
    【開局時間】
     月火水金 
      9:00~18:30
     木 土  
      9:00~13:00
    【時間外、休日の対応】
     させていただいております。
     お気軽にご相談ください。
    【アクセス】
     近鉄『鼓ヶ浦駅』より東へ徒歩3分
     地図はこちら 


    さつき調剤薬局
    【住所】
     三重県鈴鹿市東旭が丘
     2丁目17-10
    【電話番号】
     059-389-5990
    【FAX番号】
     059-389-5991
    【休局日】
     日曜日
     祝祭日
    【開局時間】
     月水木金 
      9:00~18:30
     火土
      9:00~17:00
     13時~15時(火土は13時以降)在宅訪問のため、不在となることがあります。その際は時間外連絡先にお電話ください。
    【時間外、休日の対応】
     させていただいております。
     お気軽にご相談ください。
    【アクセス】
     中旭が丘1丁目バス停より北に徒歩5分

    コメント、トラックバックは対応ができないため、閉じさせていただいております。
    過去記事にコメントいただいた場合も対応ができませんので、ご意見、ご感想等はkeyaki_a_ph☆yahoo.co.jp(☆を@に変えてくださいね)までお願いします

カレンダー

11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事


QRコード

QRコード

Anniversary


月別アーカイブ


気まぐれ更新でスミマセン

厚生労働省は26日、国内で流通する16種類すべての抗うつ剤について、製薬各社が添付文書を改訂したと発表しました

24歳以下の患者が服用すると自殺を企てる危険性が高まることなどの注意事項が追加されました。
米食品医薬品局(FDA)は今春、複数の抗うつ剤に対する臨床試験をもとに同様の改訂を指示しており、厚労省の対応はこれを踏まえたものです。ただし、この試験結果では、24歳以下で危険の度合いが増す一方、25歳以上では変化がなく、65歳以上に限ると逆に下がったということです。

添付文書にはほかに、<1>投薬に関係なくうつ患者は自殺希望を抱く恐れがある<2>家族に十分説明する――などが盛り込まれています。
今まではけやき調剤薬局のブログとして公開していましたが、
じけ調剤薬局と共通のブログとしてリニューアルいたしました。

今回のリニューアルに伴い、カテゴリなど変更しております。
また、両薬局のご案内をプロフィール欄に掲載いたしました。

今後とも【けやき調剤薬局*じけ調剤薬局】のブログを
よろしくお願いいたします。
今年ももう師走です。この一年、上手に健康管理できましたか?医療は、治療から予防へとシフトしつつあります。
たとえば、『おいしいものを食べたいからコレステロールの薬を飲む』のではなく、『おいしく食べるために、日ごろより過食を避け健康を維持する』ことが大切です。
来年度から、健康保険の仕組みも大きく変わる予定です。制度に流されるのではなく、制度を改革する意思を持って、自ら、健康を維持管理しようではありませんか。 (written by I.A.)
***免疫力アップで風邪に負けない強い子に***
1. まずは、免疫力チェック
□ 風邪をひきやすい、風邪をひくと長引く
□ 甘いものやスナック菓子が好き
□ 下痢や便秘をしやすい
□ 朝ごはんを抜きがち
□ 夜遅くまで起きていることが多い
□ 外であまり遊ばせていない
□ 少し遊ぶと疲れたという
□ 平熱36度以下で、手を握ると冷たい
□ 呼吸が浅いように感じる(口呼吸する)
□ 太り気味である

診断
0~3個 疲れや病気に負けない免疫力がしっかり備わっているようです。
今の状態をキープする食生活、生活習慣を維持しましょう
4~6個 免疫力が落ち気味です。今は問題なくても、早いうちに免疫力を高めておかないと、風邪をひきやすくなったりしてしまいがちです。
7~10個 免疫力が低下して、病気にかかりやすくなっています。
まずは、生活習慣や食生活を見直し、免疫力アップに努めましょう。


2. 免疫力ってなんだろう?

免疫力とは、病気から体を守り、病気になったときに治そうとする力のことです。免疫力が低下するのは、自律神経のバランスが崩れたとき。自律神経とは、呼吸や消化など意識せず働いている機能をコントロールするもので、これが乱れると免疫細胞がうまく機能しなくなるのです。


3. 免疫力をアップさせるために

自律神経の乱れには、食生活や生活習慣が大きく影響します。これらを見直せば、自律神経のバランスが整い、免疫力アップにつながります。
もうひとつ大切なのは、体温をキープすることです。
体温が下がると、免疫細胞が活発に働くことができなくなります。特に寒い冬が来ると体温は下がりがちで、空気も乾燥してウイルスなどに感染しやすくなります。

来月は、免疫力を高める具体的な方法について、ご紹介します。

 | BLOG TOP |