FC2ブログ

プロフィール

ブログお引っ越ししました。移転先はけやき調剤薬局・じけ調剤薬局・さつき調剤薬局です。 http://ameblo.jp/my2ph

メディカルワイツー

  • Author:メディカルワイツー
  • けやき調剤薬局
    【住所】
     三重県鈴鹿市東旭が丘
     1丁目6-19
    【電話番号】
     059-380-6770
    【FAX番号】
     059-380-6771
    【休局日】
     日曜日
     祝祭日
     土曜午後
    【開局時間】
     月曜日~金曜日 
      9:00~19:00
     土曜日
      9:00~13:00
    【時間外、休日の対応】
     させていただいております。
     お気軽にご相談ください。
    【アクセス】
     野町東バス停より北に徒歩5分


    じけ調剤薬局
    【住所】
     三重県鈴鹿市寺家4丁目18-16
    【電話番号】
     059-368-3600
    【FAX番号】
     059-368-3601
    【休局日】
     日曜日
     祝祭日 
     木曜および土曜午後
    【開局時間】
     月火水金 
      9:00~18:30
     木 土  
      9:00~13:00
    【時間外、休日の対応】
     させていただいております。
     お気軽にご相談ください。
    【アクセス】
     近鉄『鼓ヶ浦駅』より東へ徒歩3分
     地図はこちら 


    さつき調剤薬局
    【住所】
     三重県鈴鹿市東旭が丘
     2丁目17-10
    【電話番号】
     059-389-5990
    【FAX番号】
     059-389-5991
    【休局日】
     日曜日
     祝祭日
    【開局時間】
     月水木金 
      9:00~18:30
     火土
      9:00~17:00
     13時~15時(火土は13時以降)在宅訪問のため、不在となることがあります。その際は時間外連絡先にお電話ください。
    【時間外、休日の対応】
     させていただいております。
     お気軽にご相談ください。
    【アクセス】
     中旭が丘1丁目バス停より北に徒歩5分

    コメント、トラックバックは対応ができないため、閉じさせていただいております。
    過去記事にコメントいただいた場合も対応ができませんので、ご意見、ご感想等はkeyaki_a_ph☆yahoo.co.jp(☆を@に変えてくださいね)までお願いします

カレンダー

05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事


QRコード

QRコード

Anniversary


月別アーカイブ


先月、京都へ旅行に行ってきました。今のシーズンは修学旅行生が多く、自分の学生時代を思いだし少しなつかしくなりました。ゴールデンウィークの後だったせいか、観光客も少なくゆっくりと見物できました。夜は鴨川を目の前に川床で食事をして、普段の忙しい日々を忘れリフレッシュすることができました。これからも気を引き締め頑張りますのでよろしくお願いします。 (written by . K.F.)


**動脈硬化を防ぐには Vol.2**

「血管をしなやかに保つために」

動脈硬化を防ぐための食事は、食事に含まれるコレステロールと飽和脂肪酸を減らし、総摂取エネルギーを減らすことが基本になります。今月は、各栄養素の摂取について、注意点をご紹介しましょう。

≪食生活を見直そう 其の二≫
<総エネルギー>
現在の日本人の食生活を統計的に見ると、アルコール多飲者を除けば摂取している総エネルギーは減少傾向にあります。総エネルギーだけ減らすのではなく、脂肪摂取量にも気をつけましょう。

<たんぱく質>
動物性たんぱく質と植物性たんぱく質の割合を1対1程度にしましょう。おススメは大豆タンパクです。大豆に含まれるたんぱく質やイソフラボンには、悪玉であるLDLコレステロールの濃度を低下させる作用があります。ちなみに一日20~30gの大豆たんぱくをとると、総コレステロール濃度が10mg/dl低下するといわれています。

<脂質>
動物性脂肪を制限しましょう。常温で固体の飽和脂肪酸を過剰に摂取すると、血中コレステロール濃度が上がってしまうので、飽和脂肪酸を多く含む獣肉性脂肪やバター、乳製品、ココナツ油などは控えめにしましょう。
一方、オリーブ油などに含まれるオレイン酸にはコレステロールを低下させる働きがあります。ギリシャや南イタリアに住む、オリーブオイルをよく摂取する人たちは長生きで、冠動脈疾患にかかりにくいことがわかっています。
また、朝食を欠食すると一日にとるエネルギーのほとんどが夕食に集中することになります。夜間は消化管の機能を調節している副交感神経が優位の状態にあり、食べたものが吸収されやすくなっています。中でも脂肪はたいへん吸収効率がよく、その多くが貯蔵にまわってしまいがちです。朝食はしっかり摂り、夜はカロリー摂取を控えめにしましょう。

<糖質>
砂糖の過剰な摂取は脂肪肝や高脂血症の原因となりやすいので、量を減らしたり、あるいはノンシュガーの甘味料で代用するようにします。

 | BLOG TOP |