FC2ブログ

プロフィール

ブログお引っ越ししました。移転先はけやき調剤薬局・じけ調剤薬局・さつき調剤薬局です。 http://ameblo.jp/my2ph

メディカルワイツー

  • Author:メディカルワイツー
  • けやき調剤薬局
    【住所】
     三重県鈴鹿市東旭が丘
     1丁目6-19
    【電話番号】
     059-380-6770
    【FAX番号】
     059-380-6771
    【休局日】
     日曜日
     祝祭日
     土曜午後
    【開局時間】
     月曜日~金曜日 
      9:00~19:00
     土曜日
      9:00~13:00
    【時間外、休日の対応】
     させていただいております。
     お気軽にご相談ください。
    【アクセス】
     野町東バス停より北に徒歩5分


    じけ調剤薬局
    【住所】
     三重県鈴鹿市寺家4丁目18-16
    【電話番号】
     059-368-3600
    【FAX番号】
     059-368-3601
    【休局日】
     日曜日
     祝祭日 
     木曜および土曜午後
    【開局時間】
     月火水金 
      9:00~18:30
     木 土  
      9:00~13:00
    【時間外、休日の対応】
     させていただいております。
     お気軽にご相談ください。
    【アクセス】
     近鉄『鼓ヶ浦駅』より東へ徒歩3分
     地図はこちら 


    さつき調剤薬局
    【住所】
     三重県鈴鹿市東旭が丘
     2丁目17-10
    【電話番号】
     059-389-5990
    【FAX番号】
     059-389-5991
    【休局日】
     日曜日
     祝祭日
    【開局時間】
     月水木金 
      9:00~18:30
     火土
      9:00~17:00
     13時~15時(火土は13時以降)在宅訪問のため、不在となることがあります。その際は時間外連絡先にお電話ください。
    【時間外、休日の対応】
     させていただいております。
     お気軽にご相談ください。
    【アクセス】
     中旭が丘1丁目バス停より北に徒歩5分

    コメント、トラックバックは対応ができないため、閉じさせていただいております。
    過去記事にコメントいただいた場合も対応ができませんので、ご意見、ご感想等はkeyaki_a_ph☆yahoo.co.jp(☆を@に変えてくださいね)までお願いします

カレンダー

01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

最近の記事


QRコード

QRコード

Anniversary


月別アーカイブ




厚労省安全対策課は「専門家の見解からみて、タミフルと異常行動の因果関係は否定的だと判断している」と話す。ただ、愛知県蒲郡市と仙台市で相次いだ転落死については情報不足を理由に判断を保留中で、輸入販売元の中外製薬に服用状況などの報告を求めている。この2例を加味した場合に「判断がどう変わるかは分からない」という。

 同省研究班(班長・横田俊平横浜市大教授=小児科)は06年10月、「タミフルと異常言動との関連は確認できなかったが、さらに調査が必要だ」との報告書をまとめた。

 研究班は05~06年に、主に小学生以下のインフルエンザ患者2800人余りを対象に、タミフル服用とおびえ、幻覚、理由なく怒るなど「異常言動」との関連を調べた。

 患者の9割がタミフルを服用しており、タミフルを飲んだ後に異常言動が出た率は11.9%。飲む前や全く飲まずに出た率の10.6%より高かったが、統計的には差がない範囲だとされた。

 しかし、異常言動が服用後に起きたか、服用前かが不明な例がかなりあった▽10代のデータが足りなかった--など調査手法に課題が残った。

 このため、研究班は今冬、インフルエンザ患者約1万人を対象に、新たな調査を始めた。年齢幅を0~18歳まで広げ、異常言動と服用との前後関係を確認できるように調査法を工夫した。3月末で調査を終え、夏には結論を出す見通しだ。




ということですが、タミフルが原因であっても、インフルエンザそのものが原因であっても、異常行動が起こりやすいのは発熱してから1~2日であることが多いので、その間は患者さんから目を離さないように気をつけましょう。


27日午前1時20分ごろ、仙台市宮城野区のマンション11階から市立中学2年の男子生徒(14)が転落したと、生徒の母親(41)から110番があった。生徒は病院に運ばれたが、全身を強く打っており死亡した。転落前にインフルエンザ治療薬タミフルを服用しており、仙台東署は転落との関連を調べている。
 調べによると、生徒は風邪をひき、26日は学校を欠席。仙台市内の医院でインフルエンザと診断され、タミフルや解熱剤の処方を受けて同日夕方以降、自宅で服用したという。
 就寝後の27日未明、起きて母親と会話した後、トイレに行くと言って11階の自宅玄関から外へ出て、通路の約1.3メートルの柵を越え、約30メートル下のアスファルトの駐車場に転落した。
 母親の話などから動機は見当たらず、遺書も見つかっていないため、同署は自殺の可能性は低いとみている。



今のところ、小児のタミフル服用と、異常行動には因果関係が確認されていない、というのが厚生労働省の見解のようですが、エビデンスが確立されていないとしてもこの件に関しては、実際にタミフルを飲ませる親の気持ちを考えると、薬局の窓口で同じ対応をするわけにはいきません。
というわけで、当薬局では異常行動がインフルエンザによるものか、タミフルによるものかはっきりしていなくても、そういうことが起こりうるという情報は提供しています。
ではそれを予防するための有効な対策は、というと、難しいものがあります。
タミフル服用中のお子さんから目を離さないことが一番なのですが、トイレにいったり、家事をしたりと、ずっとつきっきりということは現実的に難しいのではないでしょうか。

タミフルの件に限らず、『もしわが子だったらどうするか』と仮定して、試行錯誤しながら患者様と応対する毎日です。
厚生労働省と和歌山県は26日、花粉症対策商品として販売されているスギ花粉加工食品のカプセルを飲んだ同県内の40歳代の女性が、全身性のアレルギー反応で一時意識不明の重体になったと発表しました。

女性は2日後に意識を回復し、現在は快方に向かっているそうです。

和歌山県によると、食品は山形市の「健森」が製造・販売している「パピラ」という健康食品だそうです。女性は23日夜、カプセル1個を飲用して友人とテニスをしていたところ、約30分後に全身にじんましんが出て息苦しくなりました。すぐに病院で受診しましたが、診察中に口の中が腫れて、気道が圧迫され、意識不明に陥ったということです。




今回の女性の症状は、記事から見るとアナフィラキシーと言う強いアレルギー症状のように思えます。

ネットで『健森 バビラ』で検索してみたところ、成分はスギ花粉そのもののようです。
『天然素材でつくられた杉花粉カプセルです。成熟した杉の雄花芽を原料に使用しています』
と書いてありますが、スギ花粉に対し強いアレルギーのある人が摂取したら、アナフィラキシーが起こる可能性もありそうですね。

『天然素材』『自然のまま』というと、よいイメージを抱く方が多いと思いますが、今回のことでもわかるようにスギ花粉も『天然素材』であり、それをカプセルに詰めるだけなら『自然のまま』『無添加』なわけです。

もちろん、アレルゲンを少量ずつ摂取しながら、アレルギーを治していくという方法もあるわけですが、医師の管理の下で行うのが一般的ではないでしょうか。

健康食品購入の際には、宣伝文句だけに頼るのではなく、専門家の意見などを聞くことをおすすめします。
時々主婦業を少しさぼって、家族と外食をすることがあります。
そんな時、仕事柄気になるのは、店員さんの接客です。こちらの目を見て、心の通った会話の出来る店員さんに接客されると、気持ちよく食事ができ、食事プラスアルファの満足感を得られます。それとは逆に、流れ作業のような言葉や態度で、笑顔をどこかへ忘れてきてしまったような店員さんと接した時、仕事に夢中になりすぎてとても怖い顔になっている自分を思い出して、ハっとします。
忙しくても心に余裕を持って、患者様にプラスアルファの暖かい気持ちを、お薬と一緒にお持ち帰りいただけるよう、心がけたいと思います。 (written by . I.M.)
**健康的にダイエット ⑤**
先月に続いて、ダイエットのお話です。今月は、具体的な事例に対するアドバイスをご紹介します。

①38歳の女性。主婦。小学生の子供がおり、子供の好みに合わせたボリュームのあるメニューになりがち。いっしょにおやつを食べることも多い。同じ物を食べているせいか体重が増えてきた。
脂肪分、ファストフード、菓子類の間食は控えるなどを心がけましょう。最近、食生活の乱れによる子供の健康上の問題がクローズアップされていますが、子供にも好きな物ばかり食べさせるのではなく、小さいころからバランスのよい食事についての食事教育をすることも大切です
②45歳の女性。パート勤務。女性の多い職場で様々なダイエット情報が飛び交う。スカートのウエストがきつくなってきたので、ご飯の替わりにキャベツの千切りを食べる方法を試している。
ダイエットの早道は、脂肪分と甘い物を極力控えること。ご飯はエネルギー源となる大切な食品であり、毎食茶わん一杯で太ることは全くありません。むしろ、主食をとらずにキャベツで代用したり、バランスの悪い食生活になると、やせにくくなるばかりか健康を損ねることにもなりかねません。
③48歳の男性。会社員。会社の健康診断で太りぎみを指摘されたので体重を減らしたいが、昼食はいつも外食。仕事が忙しく、夕食も残業のために外食になることが多い。
麺類や丼物などの単品よりも、栄養バランスのよい和風定食を選びましょう。外食だと量が多くなりがちなので、主食を減らしてエネルギー調整を。メニューをよく見て、揚げ物が少なく、野菜はできるだけ多い物を選んでください。家での食事は、外食で足りない物を補うよう工夫しましょう。
④50歳の男性。会社員。40歳代から体重が増加、おなかも出てきた。仕事の関係などで週に1~2回お酒を飲む。家でも毎日晩酌をする。
お酒は高エネルギーなので、ダイエット中は極力飲まず、飲むならアルコール分の少ない物や、水割りなどをゆっくりしたペースで飲むようにします。飲み過ぎないように気をつけ、つまみは冷ややっこ、刺し身、煮物、枝豆など低エネルギーで、たんぱく質やビタミン、ミネラルが豊富な物を選びましょう。飲んだ後にラーメンなどの夜食をとることは禁物です。

 | BLOG TOP |