FC2ブログ

プロフィール

ブログお引っ越ししました。移転先はけやき調剤薬局・じけ調剤薬局・さつき調剤薬局です。 http://ameblo.jp/my2ph

メディカルワイツー

  • Author:メディカルワイツー
  • けやき調剤薬局
    【住所】
     三重県鈴鹿市東旭が丘
     1丁目6-19
    【電話番号】
     059-380-6770
    【FAX番号】
     059-380-6771
    【休局日】
     日曜日
     祝祭日
     土曜午後
    【開局時間】
     月曜日~金曜日 
      9:00~19:00
     土曜日
      9:00~13:00
    【時間外、休日の対応】
     させていただいております。
     お気軽にご相談ください。
    【アクセス】
     野町東バス停より北に徒歩5分


    じけ調剤薬局
    【住所】
     三重県鈴鹿市寺家4丁目18-16
    【電話番号】
     059-368-3600
    【FAX番号】
     059-368-3601
    【休局日】
     日曜日
     祝祭日 
     木曜および土曜午後
    【開局時間】
     月火水金 
      9:00~18:30
     木 土  
      9:00~13:00
    【時間外、休日の対応】
     させていただいております。
     お気軽にご相談ください。
    【アクセス】
     近鉄『鼓ヶ浦駅』より東へ徒歩3分
     地図はこちら 


    さつき調剤薬局
    【住所】
     三重県鈴鹿市東旭が丘
     2丁目17-10
    【電話番号】
     059-389-5990
    【FAX番号】
     059-389-5991
    【休局日】
     日曜日
     祝祭日
    【開局時間】
     月水木金 
      9:00~18:30
     火土
      9:00~17:00
     13時~15時(火土は13時以降)在宅訪問のため、不在となることがあります。その際は時間外連絡先にお電話ください。
    【時間外、休日の対応】
     させていただいております。
     お気軽にご相談ください。
    【アクセス】
     中旭が丘1丁目バス停より北に徒歩5分

    コメント、トラックバックは対応ができないため、閉じさせていただいております。
    過去記事にコメントいただいた場合も対応ができませんので、ご意見、ご感想等はkeyaki_a_ph☆yahoo.co.jp(☆を@に変えてくださいね)までお願いします

カレンダー

01 | 2004/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 - - - - - -

最近の記事


QRコード

QRコード

Anniversary


月別アーカイブ


先日、ある患者さまが薬局のカウンターに飾ってあった花を見て「きれいね、私もこの花育てているのよ」と声をかけてくださいました。また、壁にかけてある絵が変わったときには、別の患者様から「これ、いわさきちひろの絵よね」と気付いていていただきました。
このような小さなことにも気付いてお声をかけてくださるなんて、と驚きました。薬局内の小さな変化に気付いていただいたことをうれしく思うと同時に、「小さな変化に気付くこと」の大切さについて改めて考えさせられました。
薬局には様々な方が訪れます。私も薬局に訪れる患者様の何気ない「変化」に敏感に気付き、できるだけ患者様の負担にならないように、スピーディーで確実に、その小さな変化に応じて対応できるように心がけたいと思います。
そして、けやき調剤薬局が患者様にとって心地よい存在になるように、頑張りたいと思います。
(written by. K事務員)




**睡眠薬の誤解を解く**

「睡眠薬」と聞くと、「怖い」「くせになる」「サスペンスドラマで出てきそう」なんていうイメージを持つ方も多いともいます。今月は、薬剤師から見た睡眠薬の噂と本当について解説します。

睡眠薬よりも寝酒の方が安全?!

適量のアルコールの摂取は寝つきをよくしますが、アルコールは睡眠を浅くし、なおかつ利尿作用があるため、途中で目がさめたり、早く目がさめたりします。アルコールの摂取により睡眠の質が悪化するのです。
さらに、アルコールを睡眠薬代わりに続けてつかうと、耐性を生じるため摂取量が増えて、依存症や肝障害などの危険性も高まります。
一方、現在つかわれている主流の睡眠薬は、常用量では耐性、依存性を生じる性質が比較的弱く、安全な薬剤です。
ただし、アルコールと睡眠薬の併用は、絶対に避けなければいけません。


睡眠薬は飲み過ぎると死んでしまう?!

現在つかわれている主流の睡眠薬(ベンゾジアゼピン作動薬)は広い安全域をもちます。古いタイプの睡眠薬(バルビツール酸系など)は投与量が少ないと睡眠作用がありますが、たくさん摂取することで直接神経に作用して呼吸を抑制してしまいます。また、古いタイプのものは耐性がおきやすいため、同じ効果を得るのに増量が必要でした。そのため、致死的な危険性がつきまといましたが、ベンゾジアゼピン系作動薬では耐性、依存性も少なくなり、危険性は低下しました。


睡眠薬は一度飲んだらやめられなくなる?

現在つかわれている睡眠薬は依存性も少なく、医師の指示に従って正しく減量を行えば、やめることができます。ただし、不眠が根治していなければ、一時的に睡眠薬をやめてもまた服薬を再開せざるを得ず「やっぱり睡眠薬はやめられない」と考えることになってしまいます。充分に睡眠の状態がよくなれば、計画的に減量した後に中止が可能です。
不眠改善の症状として「眠れない日が徐々に少なくなってくる」「夜中に目がさめてもその後すぐ寝られる」「眠れないと感じていても日中は活動的になってくる」などがあります。
一番よくないことは「眠れるようになったから」といって自分の判断でお薬を中止したり、「眠れないから」といって自分の判断で増量することです。不眠症には様々なタイプがあり、医師はそれに応じてお薬を選んでいます。医師の指示を守って、上手にお薬と付き合いましょう。

参考文献:日経DRUG INFORMATION no73 11/10「睡眠薬の誤解を解く」
最近、風邪をひいてしまい、病院でお世話になりました。そのとき、病院の先生やスタッフの方々の「お大事に」という言葉がとても心に染みました。
私自身、薬局の窓口で毎日何十回となく口にしている言葉ですが、いざ自分に声をかけてもらうと本当に嬉しく感じました。なんだか風邪の具合もよくなったような気がして・・・。
この気持ちを忘れずに、薬局に来ていただいた患者さんに、これからも心をこめて「お大事に」を伝えたいと思います。

(written by. N)




**「骨粗しょう症をもっと知ろう」の巻**

今月から、骨粗しょう症についてご紹介します。


骨は何でできているの?

骨は繊維とカルシウムなどからできています。


骨の強さと年齢

一般に人の骨は20歳から30代で最も強く、固くなっています。
中年以後は加齢とともに、骨も弱くなっていきます。それは骨のカルシウムが年齢とともに徐々に減少するからです。


骨粗しょう症ってどんな病気?

普通の生活をしていても困るほど、骨が弱くなることを骨粗しょう症といいます。
骨粗しょう症の人の骨は老化して、スカスカになっています。骨量が減ったために背中が丸くなったり、腰が痛んだり、骨折しやすくなるという症状がでます。骨折して寝込むと活動量が減り、肺、心臓、胃腸などの働きが悪くなることがあります。
女性はもともとの骨量が少ない上に、閉経後にはホルモンの関係でさらに骨粗しょう症になりやすくなるといわれています
男性も昨今の食生活の乱れや運動不足などで、若い人の予備軍が増えていますので油断はできません。


骨粗しょう症の原因

《カルシウム不足》
私たちの体の中で、骨は常に古い骨が壊され、新しい骨が作られています。この新しい骨の原料であるカルシウムが不足すると、壊された骨と同じ量の新しい骨が作れず、骨の量が減っていきます。

《女性ホルモンの欠乏》
骨のカルシウム減少を抑える働きをしているエストロゲンという女性ホルモンがあります。女性は閉経後にエストロゲンの分泌量が減るので、閉経後には骨粗しょう症が非常に多くなってきます。手術で卵巣をとった人や、無月経になっている人は注意が必要です。また若い女性の食生活の乱れや、誤ったダイエットは要注意です。

《カルシウム調整機能の衰え》
骨の破壊と形成は数種類のカルシウム調節ホルモンや先ほどの女性ホルモン、ビタミンDなどによってコントロールされています。これらの働きに異常があって骨が壊れる傾向が強くなると、つくるほうが間に合わなくなって骨粗しょう症になります。

《加齢による骨量の減少》

 | BLOG TOP |