FC2ブログ

プロフィール

ブログお引っ越ししました。移転先はけやき調剤薬局・じけ調剤薬局・さつき調剤薬局です。 http://ameblo.jp/my2ph

メディカルワイツー

  • Author:メディカルワイツー
  • けやき調剤薬局
    【住所】
     三重県鈴鹿市東旭が丘
     1丁目6-19
    【電話番号】
     059-380-6770
    【FAX番号】
     059-380-6771
    【休局日】
     日曜日
     祝祭日
     土曜午後
    【開局時間】
     月曜日~金曜日 
      9:00~19:00
     土曜日
      9:00~13:00
    【時間外、休日の対応】
     させていただいております。
     お気軽にご相談ください。
    【アクセス】
     野町東バス停より北に徒歩5分


    じけ調剤薬局
    【住所】
     三重県鈴鹿市寺家4丁目18-16
    【電話番号】
     059-368-3600
    【FAX番号】
     059-368-3601
    【休局日】
     日曜日
     祝祭日 
     木曜および土曜午後
    【開局時間】
     月火水金 
      9:00~18:30
     木 土  
      9:00~13:00
    【時間外、休日の対応】
     させていただいております。
     お気軽にご相談ください。
    【アクセス】
     近鉄『鼓ヶ浦駅』より東へ徒歩3分
     地図はこちら 


    さつき調剤薬局
    【住所】
     三重県鈴鹿市東旭が丘
     2丁目17-10
    【電話番号】
     059-389-5990
    【FAX番号】
     059-389-5991
    【休局日】
     日曜日
     祝祭日
    【開局時間】
     月水木金 
      9:00~18:30
     火土
      9:00~17:00
     13時~15時(火土は13時以降)在宅訪問のため、不在となることがあります。その際は時間外連絡先にお電話ください。
    【時間外、休日の対応】
     させていただいております。
     お気軽にご相談ください。
    【アクセス】
     中旭が丘1丁目バス停より北に徒歩5分

    コメント、トラックバックは対応ができないため、閉じさせていただいております。
    過去記事にコメントいただいた場合も対応ができませんので、ご意見、ご感想等はkeyaki_a_ph☆yahoo.co.jp(☆を@に変えてくださいね)までお願いします

カレンダー

12 | 2004/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事


QRコード

QRコード

Anniversary


月別アーカイブ


新年明けましておめでとうございます。
日ごろは、皆様より当薬局をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
日本の医療は年々進歩していますが、それに伴い医療費も高騰し、国の財政を大きく圧迫しています。
私達薬剤師も医療費抑制のため、必要ではないと考えられる薬剤と判断した場合は、処方医へ処方日数や処方内容の変更を依頼しています。逆に、必要不可欠なお薬については、患者さまへお薬の服用の必要性をお話したり、継続的な受診をお勧めするなど、結果的に医療費のコストダウンとなる、有意義で安全な薬剤療法のお手伝いをさせていただいています。
皆様方にも今一度、お手持ちのお薬をご確認いただき、その上で、ご自分のお薬についてわからないことがありましたら、いつでも当薬局へお持ちください。できる限り、そのお薬について調べさせていただきます。
自分自身の有意義な薬物治療のため、また日本の医療費抑制のため、私達一人一人が薬に対する知識を持ち、安全に有効に、経済的にお薬を利用しましょう。 (written by.I薬剤師)





**危ない風邪の見分け方**

風邪にはいろいろありますが、安静と栄養補給で様子を見れば改善する場合と、すぐに受診した方がよい場合があります。今月は、風邪のみわけ方の簡単な目安をご紹介します。あくまで目安で、実際は個人差があるので、不安なときやおかしいと思ったときは迷わず受診してくださいね。たかが風邪、とあなどってはいけません。


風邪の症状は「倦怠感」「微熱(38度未満)」「鼻汁と鼻閉」「咽頭痛」の4つといわれます。出現する順番はまちまちです。原因微生物はライノウイルスやコロナウイルスがほとんどで、これらは増殖速度が遅く、病原性も低いため、症状は徐々に現れ、それほど重くなりません。だから充分に静養さえすれば、薬を飲まなくても4~5日の短期間で症状が軽快することが期待できます。
これに対して、増殖力が強い病原性微生物(有名なのがインフルエンザ)が原因の場合は急に症状が出ます。
「昨日の夜からなんとなくだるかった」ではなく「家に帰って30分ほどしたら急に寒気がして高熱がでた」というように、患者さん自身が発症した時刻を特定できるほど急激です。
危ない風邪・風邪の症状に似ている重大疾患の早期発見を!

① 突然の熱+咳 インフルエンザ、肺炎の可能性があるので、すぐに受診しましょう。
② 強い喉の痛み・突然の発熱 溶連菌性咽頭炎の可能性があるのですぐに受診しましょう
③ 顔面の圧痛・鼻の異常感 急性副鼻腔炎の可能性があるのですぐに受診しましょう。
④ 長引く咳・発熱はなし 慢性副鼻腔炎、咳喘息、胃食道逆流症の可能性があるので受診をお勧めします。
痰は出ていない場合もあります。
⑤ 繰り返す風邪(慢性的な咳・痰・喫煙者)
COPD(慢性の気道閉塞を特徴とする疾患の総称、慢性気管支炎、肺気腫などがふくまれます)の可能性があるので、受診した方がよいでしょう。
⑥ 小児や高齢者 小児が発熱などの風邪の症状で受診した場合、「髄膜炎・肺炎・腸重積の可能性を常に念頭に
置く」という医師もいます。このような重大な疾患は初期の段階では風邪と症状が似ているからです。夜間に市販のお薬で解熱した場合でも、翌日受診することをおすすめします。また小児につかえる解熱剤は限られており、注意が必要です。高齢者ではインフルエンザでも急激に症状が出ないことが多く、治療が遅れて重症化しやすいので、受診をお勧めします。

参考文献:日経DRUG INFORMATION no73 11/10「危ないかぜの見分け方」

 | BLOG TOP |