FC2ブログ

プロフィール

ブログお引っ越ししました。移転先はけやき調剤薬局・じけ調剤薬局・さつき調剤薬局です。 http://ameblo.jp/my2ph

メディカルワイツー

  • Author:メディカルワイツー
  • けやき調剤薬局
    【住所】
     三重県鈴鹿市東旭が丘
     1丁目6-19
    【電話番号】
     059-380-6770
    【FAX番号】
     059-380-6771
    【休局日】
     日曜日
     祝祭日
     土曜午後
    【開局時間】
     月曜日~金曜日 
      9:00~19:00
     土曜日
      9:00~13:00
    【時間外、休日の対応】
     させていただいております。
     お気軽にご相談ください。
    【アクセス】
     野町東バス停より北に徒歩5分


    じけ調剤薬局
    【住所】
     三重県鈴鹿市寺家4丁目18-16
    【電話番号】
     059-368-3600
    【FAX番号】
     059-368-3601
    【休局日】
     日曜日
     祝祭日 
     木曜および土曜午後
    【開局時間】
     月火水金 
      9:00~18:30
     木 土  
      9:00~13:00
    【時間外、休日の対応】
     させていただいております。
     お気軽にご相談ください。
    【アクセス】
     近鉄『鼓ヶ浦駅』より東へ徒歩3分
     地図はこちら 


    さつき調剤薬局
    【住所】
     三重県鈴鹿市東旭が丘
     2丁目17-10
    【電話番号】
     059-389-5990
    【FAX番号】
     059-389-5991
    【休局日】
     日曜日
     祝祭日
    【開局時間】
     月水木金 
      9:00~18:30
     火土
      9:00~17:00
     13時~15時(火土は13時以降)在宅訪問のため、不在となることがあります。その際は時間外連絡先にお電話ください。
    【時間外、休日の対応】
     させていただいております。
     お気軽にご相談ください。
    【アクセス】
     中旭が丘1丁目バス停より北に徒歩5分

    コメント、トラックバックは対応ができないため、閉じさせていただいております。
    過去記事にコメントいただいた場合も対応ができませんので、ご意見、ご感想等はkeyaki_a_ph☆yahoo.co.jp(☆を@に変えてくださいね)までお願いします

カレンダー

09 | 2003/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事


QRコード

QRコード

Anniversary


月別アーカイブ


今や、肉、野菜、魚など、産地や生産者に気を配る人が増えています。ではお薬に関してはどうでしょう?
けやき調剤薬局に訪れる患者さんで、初めての方には問診表の記入にご協力いただいています。
その中で「今服用している、もしくは使用しているお薬がありますか?」という項目があるのですが、「はい」と答えてくださった方のうち、半分以上はお薬の名前をご存知ではありません。
お薬手帳を持っていらっしゃる方は問題ないのですが、お話を伺うと「血圧を下げる薬を飲んどる」「赤いちいさい薬、寝る前に飲んどるヨ」「何の薬か知らん」という答えが・・・。
中にはお話から薬剤師がいろいろ推測した上で当薬局でもっているお薬をお見せしてBINGO♪なんてこともありますが、大概わかりません(涙)。
ご存知の方も多いと思いますが、お薬には飲み合わせというものがあります。また、見た目や形、飲む方法が違っても実は同じ成分のお薬だった、同じ働きをするお薬だった、なんてこともあります。
飲んでいるお薬から病気がわかることが多いのですが、患っている病気によってはつかえないお薬もあります。
安全に効果的にお薬をつかっていただくためにも、患者様の薬識はとても大切です。
自分のつかっているお薬、これからつかっていただくお薬に興味を持っていただくこと、これが初めての患者さんに対する薬剤師の最初の仕事です。
その患者様が次に来局されたときに、「あの薬のことで質問なんやけどさ~」といわれると、とてもうれしいです。




**頭痛に効くサプリメント・あれこれ**
先月のフィーバーフューに続き、「慢性頭痛ガイドライン」の片頭痛予防療法で、有効性が認められている
マグネシウムとビタミンB2についてご紹介します。


マグネシウム
体内の総量は約50gで、そのうち60%が骨、25%が筋肉、残りは体液、腎臓、心臓などに存在します。マグネシウムは酵素の働きを助ける因子として300以上の代謝反応にかかわっています。
片頭痛の原因のひとつに、ミトコンドリアの代謝異常の可能性が指摘されており、ミトコンドリアの代謝異常はマグネシウムが減少すると起こるといわれています。
実際、片頭痛発作中の脳内マグネシウム濃度は、普通の人に比べて約20%減少しているとの報告があり、また片頭痛患者では脳内だけではなく全身的に低マグネシウム状態にあるとされています。
片頭痛に効果があるとされるマグネシウムの1日の摂取量は約400mgで、3~4週間後には片頭痛の発作が軽くなるといわれています。
国内で購入できる主なマグネシウム配合のサプリメントは1か月分で1000円~15000円ほどのものまであります。
マグネシウムは多くの食品に含まれますが、特に穀類、豆類、緑黄色野菜、えび、カキ、かになどに多く含まれています。硬水に多く含まれると言われますが、地域によって異なります。

ビタミンB2
海外においてビタミンB2の大量投与により、片頭痛が改善したという報告があります。
これはビタミンB2がミトコンドリアの機能を改善する作用を持っているためとされ、毎日400mg3ヶ月の服用で効果が見られたそうです。
しかし、国内で販売されている市販薬やサプリメントに配合されているビタミンB2の1日量は4~40mg程度であり、片頭痛のため400mgをとるには大量にとらなければなりません。
ビタミンB2は食品ではレバーやうなぎ、卵黄に多く含まれています。

 | BLOG TOP |