FC2ブログ

プロフィール

ブログお引っ越ししました。移転先はけやき調剤薬局・じけ調剤薬局・さつき調剤薬局です。 http://ameblo.jp/my2ph

メディカルワイツー

  • Author:メディカルワイツー
  • けやき調剤薬局
    【住所】
     三重県鈴鹿市東旭が丘
     1丁目6-19
    【電話番号】
     059-380-6770
    【FAX番号】
     059-380-6771
    【休局日】
     日曜日
     祝祭日
     土曜午後
    【開局時間】
     月曜日~金曜日 
      9:00~19:00
     土曜日
      9:00~13:00
    【時間外、休日の対応】
     させていただいております。
     お気軽にご相談ください。
    【アクセス】
     野町東バス停より北に徒歩5分


    じけ調剤薬局
    【住所】
     三重県鈴鹿市寺家4丁目18-16
    【電話番号】
     059-368-3600
    【FAX番号】
     059-368-3601
    【休局日】
     日曜日
     祝祭日 
     木曜および土曜午後
    【開局時間】
     月火水金 
      9:00~18:30
     木 土  
      9:00~13:00
    【時間外、休日の対応】
     させていただいております。
     お気軽にご相談ください。
    【アクセス】
     近鉄『鼓ヶ浦駅』より東へ徒歩3分
     地図はこちら 


    さつき調剤薬局
    【住所】
     三重県鈴鹿市東旭が丘
     2丁目17-10
    【電話番号】
     059-389-5990
    【FAX番号】
     059-389-5991
    【休局日】
     日曜日
     祝祭日
    【開局時間】
     月水木金 
      9:00~18:30
     火土
      9:00~17:00
     13時~15時(火土は13時以降)在宅訪問のため、不在となることがあります。その際は時間外連絡先にお電話ください。
    【時間外、休日の対応】
     させていただいております。
     お気軽にご相談ください。
    【アクセス】
     中旭が丘1丁目バス停より北に徒歩5分

    コメント、トラックバックは対応ができないため、閉じさせていただいております。
    過去記事にコメントいただいた場合も対応ができませんので、ご意見、ご感想等はkeyaki_a_ph☆yahoo.co.jp(☆を@に変えてくださいね)までお願いします

カレンダー

06 | 2002/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事


QRコード

QRコード

Anniversary


月別アーカイブ


先月、厚生労働省は、魚のメカジキやキンメダイに含まれる水銀が胎児に悪影響を及ぼす可能性があるとして、妊婦は食べるのを週2回以下にするよう、注意喚起する方針を決めました。研究が進んだからこそわかったことですが、ただでさえ心配事が多い妊娠中にさらにパニックになった妊婦さんもいたのではないでしょうか。
お薬もどんどん新しいものが開発されます。今までのものでも、つかっているうちに新たに発見された副作用などが報告されることもあります。そんなとき、ただ発表されたことをそのまま伝えるのではなく、それぞれの患者さんが正確に理解し対応できるように情報を提供することも、薬剤師の仕事のひとつです。
氾濫する情報に振り回されることなく、信頼できる専門家に相談するなどして、上手に活用していきたいものです。
けやき長剤薬局では患者様からの質問は大歓迎です。窓口で、お電話で、メールで、ホームページの掲示板で、手段は何でも結構ですので、いつでもお気軽にご相談ください。もちろん、ご意見やご要望なども、お待ちしています。




**医薬分業を極めよう**

今月からは知っているようで不明な点も多い
医薬分業についてお話します♪


【医薬分業って何?】 
医師の診察を受けたあとに、病院・診療所でお薬のかわりに処方せんが渡されます。これが「医薬分業」です。
処方せんにはお薬の名前や種類、量、使い方が書かれています。この処方せんを街の保険薬局にもっていくと、薬剤師が薬の量や飲み合わせ等を確認の上、調剤します。患者さんには、処方せんと引換えにお薬が渡されます。
 医療の高度化とともに機能分化が進み、現在の医療には様々な専門分野があります。それぞれの専門家がチームワークを組み、協力し合うことでよりよい医療の提供が図られています。医薬分業も、医師と薬剤師が協力してお薬をより安全に使っていただくための制度です。

【医薬分業のメリットは?】
1.医師が診療に専念し、薬剤師が調剤することにより、お薬の使用がより安全になります。
2.処方せんにより、あなたのお薬の処方内容が明らかになります。
3.かかりつけ薬局ではあなたのお薬に関する記録を保管しています。お薬に対するアレルギー、 副作用等を記録しておくことで、あなたの服用するお薬の安全性を高めることができます。
4.他の病院や診療所の処方と同じ薬が重複したり、危険な飲み合わせがある場合など処方内容に疑問がある場合、薬剤師が医師に問い合わせ、その結果、処方内容の変更や、処方中止等の処置がとられることもあります。
5.飲み忘れ・飲み間違いを防ぐため、1回に飲むお薬を一包にまとめたり、お薬の名前や飲み方、効能・効果や副作用などの情報を書いたメモをお渡しして説明をしたり、お薬手帳や健康手帳にお薬の情報などの記録もします。特に複数の医療機関や診療科を受診している患者さんは、 是非1カ所「かかりつけ薬局」を決めて、処方せんによる調剤を受けられることをお勧めします。

【お薬だけほしい場合は、お医者さんに行かなくても薬局で調剤できるの?】
それはできません。慢性の疾患で同じおくすりが続いている方にはお手数をかけることもありますが、薬剤師は、お医者さんの診断の結果、症状に応じて出された処方せんにもとづき調剤しますので、その都度、受診しなければなりません。

 | BLOG TOP |